ヨイド純福音教会 日本語礼拝部

Yoido Full Gospel Church Japanese Ministry

主の御名で歓迎します 자세히보기

전체 글 495

2022-04-17 주일설교요약(이영훈 목사님)

2022.04.17 2、3、4部 ▷ 招詩 (コリントⅠ15:51~54) ▷ 賛美歌164番 (旧154番) なぜ泣いているのですか。だれを探しているのですか。 (ヨハネの福音書 20:11~16) イエス・キリストが罪と死亡の権威を打ち勝ってよみがえられました。イエス・キリストのよみがえりは人類の歴史上最大の奇跡であり、祝福であり、恵みであります。イエス様の十字架の死とよみがえりにより罪の中で生きて来た全人類に救いの道、永遠の命の道が開かれるようになりました。 1.泣いている人 イエス様のよみがえりを最初に悟った人は、マクダラのマリアでした。マリアにとってイエス様は命の恩人であり、絶対希望を与えられたお方です。七つの悪霊につかれて蔑まれて軽んじられ、絶望の中に置かれていた時、イエス様が悪霊を追い出してくださり新しい人へ変えてくださいました。マリアは真を持って愛し、信じ委ねていたイ..

2022-04-10 주일설교요약(이영훈 목사님)

2022.04.03 2、3、4部 ▷ 招詩 (詩篇53:4~6) ▷ 賛美歌151番 (旧138番) 赦しと自由 (ルカの福音書 23:33~34、39~43) イエス・キリストの十字架の苦難を記念する受難週間です。私たちすべての罪を贖うためイエス・キリストが十字架に掛けられたとき語られた言葉を「十字架上の七つの言葉」と言います。苦難の十字架上で一番先に語られた言葉は「彼らをお赦しください」という赦しの御言葉でした。このように十字架の恵みは罪から赦された恵み、赦しの恵みから始まります。 1.赦しの恵み イエス・キリストが十字架で尊い血潮を流されて亡くなられた理由は、全ての人類の罪を赦すためでした(エペソ1:7)。人間は誰も罪の中で生まれて、罪の中で死ぬしかできない罪人です。しかし罪のないイエス様が自ら十字架につけられたことにより私たちの全ての罪を値無しに赦してくださいました。それゆえ..

2022-04-03 주일설교요약

2022.04.03 2、3、4部 ▷ 招詩 (詩篇1:1~6) ▷ 賛美歌384番 (旧434番) 神様がともにおられる人 (創世記 39:1~3) 聖書人物の中で神様の御心にふさわしく、神様から認められる代表的な人物がヨセフです。ヨセフは自分が誰であり、何のため生きているのかをいつも覚えていました。またヨセフの人生の中で一番重要なことは、いつも神様がともにおられる人であったことです。神様と同行する人生はイエス様を信じる私たちの人生の中で一番大切なことです。 1.夢見る人ヨセフ ヨセフは将来偉大な人物になる夢を見ました。ヨセフの兄たちは夢に捕らわれているヨセフを妬み憎み、ましては彼を殺そうともしました(創37:5~8)。今日、世の人々は夢見る人々を理解することなく、嫉妬し、妬んで害を与えます。しかし夢見る人を誰も防ぐことが出来ません。それゆえ主の中で尊い夢を見る人になってください。そ..

2022-03-31

殉教者たちの感謝 使徒たちは、御名のために辱められるに値する者とされたことを喜びながら、最高法院から出て行った。(使5:41) 聖霊に満たされた初代の聖徒たちは、行く先々で大胆に福音を宣べ伝えました。強力な聖霊の働きによって、数多くの人々が悔い改めてクリスチャンになり、当時世界の覇権を握っていたローマ帝国の中で、キリスト教は目覚ましい勢いで成長しました。ローマはこのような教会の成長を脅威と見なし、キリスト教を弾圧し始め、多くの聖徒たちが迫害を受けて、命を落としました。このような大きな困難の中でも、多くの初代の聖徒たちが、イエス様を仰ぎ見て、苦難に屈しない殉教の信仰を見せました。使徒ヨハネの弟子であったポリュカルポスは、火刑にされる前に「主は私を一度も冷遇されたことがないのに、私がどうして私の王であられるイエス様を否定できるだろうか?」と言いました。リヨンのイレニウスは「私に永遠なる栄光..

2022-03-30

世人の咎のために 竪琴に合わせて 主に感謝せよ。十弦の琴に合わせて ほめ歌を歌え。(詩33:2) 聖歌465番「世人の咎のために」は、ピーター・ビルホーンが初めて主に出会った時のことを思い返して作った詩に、メロディーをつけたものです。私たちを救われるために、血潮を流された主の愛に感謝する気持ちが込められた賛美です。貧しい家庭で育ち、早くから生計を立てるために働き始めたビルホーンの唯一の趣味は、歌を歌うことでした。彼は魅力的な声を持っていて、あちこちに招かれて歌を歌いました。 そんなある日、シカゴのある酒屋で歌を歌っていた彼に、一人の人が近づいてきました。彼は「君のその美しい声を、良いことに用いてもらいたい。」と言って、彼を大衆伝道者ムーディーのリバイバル聖会に招きました。聖会の初日、神様に出会った彼は、12日間行われた聖会に1日も欠かさず参加しました。変えられた彼は、生涯神様を賛美しな..