ヨイド純福音教会 日本語礼拝部

Yoido Full Gospel Church Japanese Ministry

主の御名で歓迎します 자세히보기

資料/メッセージ要約 70

2022-08-14 주일설교요약(이영훈 목사)

2022.08.14 2、3、4部 ▷ 招詩 (詩篇37:3~7) ▷ 賛美歌446番 (旧500番) 主に信頼する者 (エレミヤ書 17:7~8) 人間は万物の霊長であると同時に、限りなく弱い存在です。世の人々は平安を得るためあらゆる偶像に委ねて祝福を求めますが、得られることは何一つもありません。イエス様を信じる私たちは、心に真の平安を与えられ、祝福の根源になられる神様だけ信頼して生きて行かなければなりません。 1.神様が無い人生の道 人間を信じ自分の力に頼って神様無しに生きている人々は、呪われ、何の希望もない荒地の灌木のような人生を生きるようになります(エレミヤ17:5-6)。アダムとエバが神様の御心に不従順し、罪を犯し、堕落することにより環境の呪い、病、死亡が全人類へ与えられました。今日も相変わらず罪の中で留まりながら、神様から離れた人々に近づいて来ることはこのような貧しさ、呪い..

2022-08-07 주일설교요약(이영훈 목사)

2022.08.07 2、3、4部 ▷ 招詩 (詩篇147:1~5) ▷ 賛美歌85番 (旧85番) わたしの愛する子。わたしはこれを喜ぶ (マタイの福音書 3:16~17) この世を生きて行く間、世から来る何物でも我が人生へ真の満足と喜びを得ることはできません。世からくる喜びと快楽はしばらくでが、主からくる喜びと平安は永遠のものです。真の幸せはただイエス様の中で得ることができます。 1.聖霊の臨み イエス様の人生は聖霊様と同行する人生でした。イエス様は聖霊により宿り、バプテスマを受ける時、聖霊が臨まれ、荒野で40日間断食して祈る時、聖霊充満を受けました。イエス様の公生涯のすべての使役の中でも、聖霊と力で満たされていました。聖霊様とともに歩みながら良いわざを行われ、悪魔に抑えられているすべての人々を癒してくださいました(使徒10:38)。イエス様が昇天する前、弟子たちに最後に命令したの..

2022-07-31 주일설교요약(이영훈 목사)

2022.07.31 2、3、4部 ▷ 招詩 (詩篇145:8~12) ▷ 賛美歌384番 (旧434番) 何が見えますか (マルコの福音書 8:22~25) 人には3種類の目があります。環境を見る肉身の目、人の考えを見る心の目、神様を見上げる霊の目です。キリスト人はこの世を生きる間、肉身の目ではなく、霊の目で主だけ見上げながら生きて行かなければなりません。 1.私は盲人ではないか 肉身の目を開いていても、イエス様を信じない人は霊的な盲人です。また自分のことばかり考えて、他人のことを理解してない人は心的な盲人であります。イエス様がベツサイダで盲人の目を見えるようになされた時、パリサイ人たちはイエス様を信じず批判しました。結局盲人であった人はイエス様を信じて霊の目が開かれる恵を受けましたが、パリサイ人たちは霊的、心的盲人になってイエス様を十字架に釘付けてしまいました。今日も肉身の目は開い..

2022-07-24 주일설교요약(이영훈 목사)

2022.07.24 2、3、4部 ▷ 招詩 (詩篇62:5~8) ▷ 賛美歌380番 (旧424番) 渇いたたましいを満ち足らせ (詩篇 107:4~9) 水はすべての生命体にあって命と一緒です。私たちが信仰の人として生きるためには、たましいの生ける水が必要です。我がたましいの生ける水になられる主の御前に出て行く時、主は私たちの問題を既に存じておられ一番良いもので人生を満たしてくださいます。 1.絶望から救い出される神様 苦難の中で神様に叫び求める時、神様がその祈りを聞いてくださり私たちを苦難から救い出してくださいます(詩篇107:6)。苦難は私たちをへりくだらせ、低くする神様の訓練の道具です。私たちは苦難を通して人間の弱さを悟るようになり、神様の御言葉に従順する人生を生きるようになります。今日我が人生の中で苦難に遭い、問題にぶつかった時、神様の御前でへりくだってひれ伏し、主の助けを..

2022-07-10 주일설교요약(이영훈 목사님)

2022.07.10 2、3、4部 ▷ 招詩 (詩篇146:1~5) ▷ 賛美歌338番 (旧364番) 神のみそばにいることが幸せです (詩篇 73:21~25,28) 私たちは霊的存在として造られたためこの世では満たせることのできないたましいの渇き、心の虚しさを感じる時があります。我がたましいの渇きを満たせることは、創造主であられ、すべての問題の解決者になられる神様しかおられません。 1.不完全な人間 この世の中で完全な人はいません。誰も苦しみと試練に遭った時人間の弱さを感じるようになります。しかし私たちが主の御前で弱い存在であることを悟る時、神様の恵みが臨まれます。使徒パウロは、冒涜するもの、迫害する者、暴力をふるまう者から主の恵により救われた自分を罪人のかしらだと告白しました(Ⅰテモテ1:13-15)。このように罪人のかしらのようであった私たちが主の恵みによりイエス様を信じ、神..